東京オリンピックで音楽を担当することになったという、ファンタスティック・プラスチック・マシーンの「Reaching for the Stars」という曲。この曲はかなり古い曲かと思う。

 昔から注目していてこの曲などは好きで何度も聞いた曲だけれど、基本的には、そして個人的にはあまり好きなアーティストではない。理由も、詳しくはサイレントポエツの所でも言ってきたように、シャレ乙すぎて鼻につくというか、どうしてはじめっから業界人みたいなノリでもてはやされているのか理解に苦しむ。元々電通マンとかなのかな?FPMは曲も良いしセンスも良いし実績もあるからイイんだけど、なんでいっつもお前ばっかり抜擢されんの?

 一緒に音楽を担当するコーネリアスも若干、そういうところがあるけれど…、

 気に喰わないねっw!!


Fantastic Plastic Machine - Reaching for the Stars


beautiful.
ファンタスティック・プラスチック・マシーン
エイベックス・トラックス
2001-01-17


次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル ~自分を作る・売る・守る!!!!