たまに言われていることだけど、米津玄師って玉置浩二に似てるって話。
僕は割と肯定しますね。それ。
何が似てるって、曲調と声と全体的な雰囲気、やってることなど。

というわけで改めて安全地帯って凄い!!と思ったので紹介。

ちなみに、こういう漢字四文字のバンド名というは当時、フォークからのプログレ移行みたいなその周辺で流行っていたんですよ。
頭脳警察とか四人囃子とか。まさかとは思うけど人間椅子とか空気公団なんかもその流れ…じゃないよね…?

ちなみに、僕の地元には「静岡ハードコア」と云われる非常に怖いお兄さんたちがやっているジャンルが一応、あって、一応、全国的にも有名だったらしいんだけど、その界隈のバンドで「複雑骨折」や「空中分解」「上海狂犬(シャンハイブルドッグ)」というバンドがあって、僕もメンバーの人を知っている。あと、僕自身は「美辞麗句」というヴィジュアル系バンドをやっていたことがある。
(当時、バンド名の最初に「B」が付くと売れる!という噂もあり、このバンド名にした想ひ出が在リ〼…。)

いやいや、
それにしてもやっぱりこの人(玉置浩二)って天才だと思った。
ちょっと感動してこの曲、久しぶりにMP3でダウンロード購入しちまったよ。
僕のカラオケ(持ち歌)レパートリーに入れたいと思います。

ワインレッドだ!?貴様この野郎!!


恋の予感②(1985) - Anzen Chitai

恋の予感
Universal Music LLC
2017-05-31


次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル ~自分を作る・売る・守る!!!!