今まで色々なところでやくしまるえつこの事や相対性理論については論じてきたけど、しっかり紹介することなく今日まで来たので、また、最近、この曲を見つけて気に入ったので改めて紹介しようと思った。
この曲は「ハイスコアガール」というアニメの主題歌になっているらしい。アニメの方はYouTubeでUPされている分だけサラッと見たことはあるけど、しっかり見たわけではない。

この人は本当にこの何とも言えないアンニュイな声が凄いというか、まさに才能だよね。
映像映えする声というか、不思議少女というか皮肉っぽくメルヘンチックな少女というか、文学チックな女子高生っぽい声というか、文学的な美しさを感じる様なバカな少女の儚さや危うさや愚かさ、何か声優さんがそういう役を演じたままで歌っている様な声というか…。それでいていつの時代でも現代的なものを感じる様な、とにかく声質だけで色々考えさせられるような凄い声だと思う。この曲は特にやくしまるえつこというよりも相対性理論のままだね。そこがまた良い。無表情で放つシニカルな冗談みたいなふざけた歌詞もいつもながら良いと思う。


やくしまるえつこ - 放課後ディストラクション




次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル ~自分を作る・売る・守る!!!!