ベスト・オブ・ブランディー
ブランディー
ワーナーミュージック・ジャパン
2005-04-27


ブランディーの「What About Us」という曲で、死ぬほど個性的と言っても良いほど強いリズムが特徴的な曲。
ロドニー・ジャーキンスのプロデュースというところが重要。
宇多田ヒカルも初期の頃はロドニーファミリーっぽい音だったし、
実際にロドニー・ジャーキンスのプロデュースだったのが凄く良かった。
その後は日本の良質なポップスみたいになって、それはそれで良いけど、個人的にはまた初期の頃の様な本物のR&Bっぽい音楽もやってほしい。と思っている。

ロドニー・ジェンキンスの全盛期の音楽で、特にロドニーらしい音楽(ビート・リズム)と言っていいだろう。





Never Say Never
Brandy
Atlantic / Wea
1998-06-05