scene from Buffalo '66 (1998) - Billy enters the club

ヴィンセント・ギャロの出世作とも言うべき映画「バッファロー66」でテーマ曲の様に使われていた音楽。
イエスの「heart of sunrise」という曲。実際には10分以上もある曲だが聞き飽きない名曲。

この曲以外にもイエスの良曲が使われているのがこの映画の良いところでもあったりする。
ギャロ自身が音楽にも非常に造詣が深い人。

この時代のロックバンドのドラムの人って元々ジャズ畑にいた人が多いから凄くたくさん叩くし超絶的に上手いのだ!と聞いたことがある。確かにね。



次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル ~自分を作る・売る・守る!!!!