PJ Harvey - Live in Moscow (full concert) 18.06.2016

忍者ツールズという会社の提供するサービスが昔から割と好きで、
本家サイトひろぶろの方でよく使っているのだけれど、最近、忍者ツールズのブログパーツ(ソーシャルブックマークボタンと画像RSSリンク)がアドブロックに引っ掛かって表示されなくなり、また、それ以外のパーツ(忍者アクセス解析)の不具合も酷く、色々試した末に複眼RSSで表示することにした。
なので、最近このサイトへの画像リンクが表示されなくなっていたので暫くこのサイトの更新を休んでいたが、一応、また再開します。
画像rssを提供しているサービスは色々あるが、どこも一長一短といった感じで、どうして丁度都合の良い物がないのかと不思議に思うくらいだ。忍者の画像RSSは広告が入りすぎだし、今回の様にアドブロックで非表示になったりダメな所もあるが、YouTubeの動画をサムネイルとして表示してくれるのは良かった。一方、複眼RSSはYouTubeの動画のサムネイルを取得してくれない。

さて、今回は再度PJ・ハーヴェイを取りあげる。
なんと22年ぶりの単独公演を日本で行ったから。

以前も申し上げた通り、管理人はPJの大ファンなので当然このコンサートに行ってみた・・・!
となりそうな所だが、僕にはその辺の事についてちょっと変な哲学があって、行きたいのはヤマヤマだが今回は行かなかった。行けば素晴らしい体験ができるであろうことは分かっているのだが、分かっているからこそ行かないといった感じ。行く前から素晴らしいことが分かっているのだからもう行かないのだ。
それもそうだが、たとえ相手が誰であろうとも、僕は基本的に他人のコンサートにはあまり積極的に行かない。
僕が、僕自身が歌ったり踊ったりするのなら分かるが、他人が歌ったり踊ったりしているのをただ見に行くという様な事はあまりしたくないのだ。他人のコンサートに行っている暇があったら自分の作品やコンサートをもっと何とかしろ!と思ってしまって楽しめなくなる。我ながら偏屈な思想だと分かっているが、なんというか・・・、自分もアーティストであるという誇りみたいなところから来る思想なのだ。
「やあ!ポーリー!久しぶりだね!!」
「あら、来てくれたの!?ありがとう。グラストンベリー以来ね!あの時はどうも。」
とか、PJハーヴェイと会話が成立するくらいの間柄なら行くけどね。

それにしてもやっぱりPJハーヴェイはカッコイイし、他の誰かも言っていたけど、47歳にして3度目くらいの"全盛期"が到来している様な気がする。本当に素晴らしいです。
コンサートに言った人のtwitteでの感想も沢山見たけど、本当に素晴らしいライブだったらしい。


PJハーヴェイ来日記念サイト。栗原類による解説等はコチラ

以前のPJハーヴェイについての記事はコチラ