スペイン映画 「汚れなき悪戯」より「マルセリーノの歌」

一説によると昔は小学校の音楽の教科書に載っていたらしいこの曲。
歌詞は非常に可愛らしくコミカルな部分もあるのだが、メロディーがなんとも切ない。
それもそのはず。この映画のストーリーが非常に可愛らしくて純粋で、そしてちょっと悲しいお話なんですよね。




次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル ~自分を作る・売る・守る!!!!