ひろぶろDJミュージック

色々な音楽を紹介しております。是非、お気に入りに登録してください!!

謎の芸術家「バンクシー」の正体が遂に判明!? 正体はなんとあの人だった!?


バンクシーの正体Banksy-Follow-Your-Dreams-Cancelled (2)

世界中でゲリラ的に活動してきた匿名芸術家「BANKSY」。
グラフィティーや話題を呼ぶ様々な活動で、現在はもう、言わずも知れた有名アーティストなわけですが、
このバンクシーの正体についても、これまで様々な機関により何度も取り上げられ話題になってきました。
しかし、今回のDaily Mailによる情報は今までの憶測と違ってかなり信憑性があると思います。

ズバリ言いましょう。
バンクシーの正体。それは…

Massive Attack3D(Robert Del Naja)であると!!

ドギャアァァァァァァァァァアアン!!

少なくとも上述のDaily Mailではそう結論付けています。


バンクシーの正体Banksy-Follow-Your-Dreams-Cancelled (1)

バンクシーの正体Banksy-Follow-Your-Dreams-Cancelled (3)

いや~~~~~~~~~~アリだわ。
アリアリアリアリ アリーヴェ・デルチで在り得るわ!その筋。


これまでの調べや様々な情報から、「バンクシー」が1973~1974年生まれのイギリス人だというところまでは判っていたようだが、だとすればちょっとズレるが大体納得はできる。
3Dは1965年生まれだが、そもそも上記の内容も正しいのかは分からないし、「バンクシー」というアーティストはその活動内容からいっても複数人のはずだ。そしてその作風は、イギリス人らしい皮肉めいた風刺であったりする。

「皮肉」…といえば、
その昔、PULPのジャーヴィス・コッカーがマイケル・ジャクソンをコケにしたあの1996年のブリットアウォードにて、マッシブアタックが「ベストダンスミュージック賞」に選ばれ、壇上で3Dが「メンバーは誰も踊れないのが皮肉だよ…」と一言だけ言ったのを僕は思い出す。

正確には、バンクシーの正体とは、マッシヴ・アタックの3D、並びに3Dが率いるアーティスト集団がその正体であろうと。Daily Mailは書いている。

グラフィティーは3Dもずっと以前からやっているし、あれだけ世界中の至る場所に作品があるということは、一人でできるものではない。そして、近年の「ぬいぐるみを搬送するパフォーマンス」や「ディズマランド」などの大掛かりなものを考えれば、当然、複数人の大規模な物であることは容易に窺い知れるし、それだけの規模のことをやるとなると、莫大な費用や人脈を持っている人物でなければ成し得ない。しかし、マッシブアタックの3Dであれば(彼はずっと若い頃からPortisheadTrickyなどのブリストルサウンドのメンバーを率いてきたオピニオンリーダー的な存在であったし)全て可能で当てはまる。

また、これまで、バンクシーのグラフィティー作品が出現した場所と時間の多くは、マッシブアタックのコンサートが行われた場所付近であり、その公演と近い日時に出現していることから、Daily Mailはそう結論付けたということらしい。

バンクシーの正体Banksy-Follow-Your-Dreams-Cancelled (4)

そもそもマッシヴ・アタックの3D氏は、以前からバンクシーと深い関係があると公言しており、「バンクシー」と交流していること自体は公にしていた。(逆に言えば、その正体を匿名にしている…というだけで、近くの人や知っている人にとっては元々自明のことでもあるのだろうが。)
また、今回の報道を受けて、3D自身は「そうだったら夢のある話だが僕はバンクシーではないよ!」という様な声明を発表しバンクシーの正体であることを否定しているらしいが、そりゃ本人は否定するさ。なにせ認めちまったら逮捕もありえる案件なのだから。偽り、否定するさ。どこどこまでも‥‥っ!ざわっ

あと、昔、イラク戦争(第二次湾岸戦争)の時に、イギリスが軍を派遣することに(日本と同様、)市民から反発が出てデモが起こった時、そんな様子を伝えるべく現地で取材をしていた報道機関がデモ隊の一人を捕まえてインタビューをし、その男が「今回のことには誰も納得していない。だからこうしてデモに来たんだ!」と言う様な事を答えていたのだが、その男は3Dであったw。
日本の報道機関はマッシヴ・アタックや、ましてそのメンバーの3Dのことなど知るはずもなく、デモに参加していた一般人のインタビュー映像として放送したようなのだが、当時その中継を見ていたマッシヴ・アタックのファンだった僕だけはお茶を噴いたというわけである。3Dやんwww!!って。

何が言いたかったのかというと、3D氏はずっと昔から、そういう、戦争とかに対してアンチな活動をしていたということ。バンクシーの活動とも少し被るよね!?
(ていうか今調べたら日本のウィキペディアには3Dの個別のページすら無いんだな…。)

ああ~~~ もうね~~~ 僕、マッシブアタックについて語っていったらキリがないんですわ。ほんと。

むかし、ディズニーランドの隣にNKホールという施設があって、そこにマッシヴ・アタックが来日公演したときに僕も行きまして、前座がDJ:SHADOWだったんだけど、まあそれはともかく、お客の中にはコーネリアスの小山田圭吾さんとかテイトウワ氏とか女優の板谷由夏さんとかも居てね、それはそれは盛り上がったわけです。アルバム「100th Window」のライブツアーの時ですよ。

僕ぁねぇ、かつては小山田圭吾さんや細野晴臣さんと同じ灰皿でタバコを吸った仲なんですよw。
それぁ若い頃は色々ありましたよ。ただ…、膝に矢を受けてしまってな…、今じゃ千葉の田舎にすっ込んでるんですが…。

しかし… そうかぁ・・・ マッシヴアタックの3Dか~。
クッソ~~ 悔しくなるくらいカッコイイなあ~~…。



バンクシーの正体


ヘリゴランド
マッシヴ・アタック
EMIミュージックジャパン
2010-02-03


南の島の讃美歌。映画「シンレッドライン」のサウンドトラック!!



The Thin Red Line - Melanesian Choirs - Compilation

これは太平洋戦争を舞台にした映画「シン・レッド・ライン」のサントラでもあるのだが、
戦場となったガダルカナル島に伝わるメラネシア風の讃美歌。
管理人は若いころに世界中の民族音楽についてずいぶん研究していたが、
その中でもこの音楽は他とはかなり異質で好きな歌です。
また、テレンス・マリック監督の知られざる超豪華キャスト陣でおくるこの映画についても色々言いたいことがある名作である。
ちなみに、通常のサウンドトラックはハンス・ジマーによって書かれたスコアで、これらの曲は入っていないので以下のものでないと、このメラネシアンポリフォニーは入っていない。と確か思った。ハンス・ジマーの音楽も悪くないけどね。
↓↓↓↓


祈りの島~映画「シン・レッド・ライン」の音楽
サントラ
BMGメディアジャパン
1999-05-21


中谷美紀のクロニックラブ。ドラマ「ケイゾク」の主題歌の元ネタ。坂本龍一



【歌ってみた】中谷美紀 『クロニック・ラブ』

坂本龍一関連、一応、坂本ファミリーの流れで中谷美紀のクロニックラブの紹介。
この曲はドラマ「ケイゾク」の主題歌になっていたので知っている人も多いと思う。

この動画については、【歌ってみた】とあるので本人が歌っている訳ではないが、
映像が公式のものよりも良かったのと、マジでそっくり激ウマだったのでこの動画をチョイスした。

個人的にこの曲やこの頃の中谷美紀の曲は思い入れがあるが、
それ以外にも、この曲は元々「Ballet Mecanique」という坂本龍一の曲だったので馴染み深かった。
こちらも割とお勧め。なんか最後の方の歌詞が独特で良い。
↓↓↓↓

Ballet Mecanique

この曲は坂本龍一がマン・レイが撮影したとされる映画「Ballet Mecanique」から着想を得て作ったものらしい。




坂本龍一、美貌の青空 、大貫妙子ヴァージョン



Taeko Onuki & Ryuichi Sakamoto - 1. 美貌の青空 Bibo no Aozora

坂本龍一の“歌もの”。
坂本のアルバム「スムーチー」に収録されたのが初出だと思う。
このアルバムは歌物が多く、坂本自身が歌っているが、坂本自身も後に自身の歌はあまり良くない…
と言っているように、その後ゆかりのある歌手に歌ってもらうことが多い。
ゆかりのあるアーティスト、、、というと、やっぱりこの大貫妙子が最もコアな部分で“ゆかり”がある人なのだと思う。
坂本龍一はYMOとしてデビューする前、大貫妙子のバックバンドを務めたりしていたらしいし、松任谷由実や中島みゆきが言うにはどうやら付き合っていたこともあるとかないとか。

この曲カラオケに無いのが残念。
あったところで歌えないけどね…w。



SMOOCHY スムーチー
坂本龍一
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
1995-10-20


パティ・スミスの「ビコーズ・ザ・ナイト」  Patti Smith - Because The Night



パティ・スミスの「ビコーズ・ザ・ナイト」

アメリカ、特にニューヨークでは、ジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグ、そしてウィリアム・バロウズなどの思想家とか思想家がかった詩人達、いわゆるビートジェネレーションの流れを汲むそれらの文化が今も非常に尊ばれている。
パティ・スミスはそのビートニクの時代から「キース・リチャーズの顔をした女」とバカにされながらも活躍している“詩人”で、自分の名前「パティ・スミス」というバンドで音楽活動もしていたが、基本的には詩人らしい。
んで後年の活動はもっぱら他人の名曲をパティ・スミスなりにカバーするところにある。

この曲はビリー・ジョエルの曲だけど、他にもニルバーナの「Smells Like Teen Spirit 」などもカバーしている。それも凄く良いのでお勧めです。

んで、先日紹介したPJハーヴェイもパティ・スミスの影響をかなり受けているとのこと。
だもんでこのタイミングで紹介した。

以下に「Smells Like Teen Spirit 」の動画も付けておくので続きも要チェック!!
まあカッコイイ婆さんだこと。

↓↓↓↓




続きを開き、この曲を聞く!

PJ・ハーヴェイのファンである理由。PJ Harvey - Down By The Water




PJ・ハーヴェイの「ダウン・バイ・ザ・ウォーター」。
彼女の代表曲の様になっているが、PJは今も精力的に活動しているところに好感が持てる。
こういう風に、ギター一本でロックを歌える女性シンガーが一番需要もあるし応用も利くし良いと思う。

日本ではあまりPJ・ハーヴェイのファンって聞いたことが無いけれど(昔ミクシーのコミュはあった。if you put it on!!)、僕は昔っからこの人の大大大ファン。あまりメロディーセンスがある人ではなく、曲自体はそれほど良いわけではないが、なんていうか全体的な雰囲気や在り方、存在自体が好き。生理的に好きなタイプといっても良いくらい。それも女性として好きという訳ではなく、人として好き。
顔はなぜか僕の親戚のおばさんにそっくりだけど・・・w。

顔の作り、パーツが全て大きくて、そして先天的に痩せ体質みたいなところとか好きww。
ちょっと油断すると太るタイプの人と痩せるタイプの人と、あまり変わらないタイプの人がいると思うけど、この人は油断すると痩せてしまうタイプの人で、ときどきヤバいくらい痩せちゃってる時がある。でも僕はそういう人が好きw。
全然音楽の話じゃなくなってるけど、曲もまあ、まあ、代表的ないくつかの曲は非常に好きです。
とにかく愛してやまないアーティストです。






貫禄のローリン・ヒル、「ロスト・ワン」 Lauryn Hill - Lost Ones




ちょっと、いや、かなり古いけどローリン・ヒルのロストワン。
若いのに太った黒人のゴスペル、若しくはソウルシンガーのおばさんみたいな声を出せる人・・・
と、昔、個人的には認識していました。 

また、貫禄も凄い物があります。 圧倒的なオーラと凄みがあります。

ちなみに管理人はフージーズとビージーズの区別が曖昧になってしまうことが多いです。
どっちがどっちだったか分からなくなること多し。
ジャンルは違うけど、その後出てきたアリシア・キースとキャラが少し被っているというか、
その辺も曖昧になること多し。エリカ・バドゥとかね。
ただ、どちらも好きです。

最近みたいな暑い季節に聴きたくなる音楽です。





Tom Waits トム・ウェイツの代表曲。バラード。



Tom Waits - Tom Traubert's Blues (Four Sheets to the Wind in Copenhagen)

トム・ウェイツのトム・トラバーズブルースという曲。
トムウェイツの曲の中でもかなり有名な代表曲な方だと思う。
僕はあまり酒を飲まないのに「酔いどれ詩人」と称されるこのトム・ウェイツはかなりのお気に入り。

この曲自体のキッカケは、大好きな映画「バスキア」の最後の方で流れたのが最初。




バスキア [DVD]
ジェフリー・ライト
ポニーキャニオン
2007-02-21


幅のテストテスト
    過去記事ギャラリー
  • やくしまるえつこ - 放課後ディストラクション
  • 化物語のエンディング曲「君の知らない物語」
  • 物語シリーズの「するがモンキー」と筋少の「猿の左手」MADが凄すぎ
  • メタル系ユーチューバーLeoさんのデパート着ぐるみ巡り
  • メタル系ユーチューバーLeoさんのデパート着ぐるみ巡り
  • ボカロの歴史がよく分かる。時代を創ったボカロ曲サビメドレー
  • チャーリーとチョコレート工場のオートチューンリミックス。
  • チャーリーとチョコレート工場のオートチューンリミックス。
  • マイケル・ナイマン、映画「ガタカ」のテーマ曲
  • 福岡を拠点に活動するミュージシャンのドキュメンタリー
  • GRAPEVINEのスロウと羽根がイイ!!
  • GRAPEVINEのスロウと羽根がイイ!!
  • 君はGANなのだ。など、有頂天の神3曲。
  • 君はGANなのだ。など、有頂天の神3曲。
  • 君はGANなのだ。など、有頂天の神3曲。
  • フーファイターズの疾走感のある曲「The Pretender」
  • フーファイターズの疾走感のある曲「The Pretender」
  • 米津玄師のドーナツホールと「まどマギ」のMADが凄すぎ
  • ドキュメンタリー、ラフィンノーズという生き方。
  • で、米津玄師って結局どうよ!?特集。
  • で、米津玄師って結局どうよ!?特集。
  • で、米津玄師って結局どうよ!?特集。
  • で、米津玄師って結局どうよ!?特集。
  • 「らき☆すた」のオープニング曲。「もってけ!セーラーふく」解説
  • フェネスの「ガット・トゥ・ムーブ・オン」ノイズミュージック
  • ドイツのノイズミュージック「Shizuo」
  • ペルソナ5の戦闘シーンで流れる女性ヴォーカルの曲
  • ペルソナ5の戦闘シーンで流れる女性ヴォーカルの曲
  • ウィンドウズの警告音だけで作った「けもフレ」テーマ
  • エメリヤ・エンコ・ヒョードル選手の入場曲、イーラ
  • エメリヤ・エンコ・ヒョードル選手の入場曲、イーラ
  • ワールドカップサッカーの会場で流れるあの曲の正体!!
  • 道元さんがまさかのトリックw!!マッシヴ・アタックの「サイキー」
  • サチモスの「VOLT-AGE」、ワールドカップサッカーのテーマ曲
  • サチモスの「VOLT-AGE」、ワールドカップサッカーのテーマ曲
  • スティーヴ・ヴァイの美しく典型的なギターロック曲。
  • 甲田益也子、ディップ・イン・ザ・プールの707
  • 甲田益也子、ディップ・イン・ザ・プールの707
  • スウェーデンのメタルバンド「PAIN」がヤバい!!
  • ユッスー・ンドゥールとワイクリフのコラボ曲「ハウ・カム」
  • ユッスー・ンドゥールとワイクリフのコラボ曲「ハウ・カム」
  • ルー・リードのパーフェクトデイのトリビュート
  • シャッフルダンスVSテクトニックに使われていた不思議な曲。
  • ピープル・アー・オーサム系GoPro動画の音楽「Daybreak」
  • ワンリパブリックのさわやかな曲。グッド・ライフ!!
  • ベッドを上から撮ったPVで有名なオーレン・ラヴィーの歌。
  • ライトセーバーで斬りまくるVRリズムゲームのサントラ音楽が良い!!
  • ライトセーバーで斬りまくるVRリズムゲームのサントラ音楽が良い!!
  • チャイルディッシュ・ガンビーノ新曲「This Is America」
  • アンダーソン・パークの「'Til It's Over」という曲
  • インダストリアル・メタルバンド、ミニストリーの速い曲3つ。
  • インダストリアル・メタルバンド、ミニストリーの速い曲3つ。
  • インダストリアル・メタルバンド、ミニストリーの速い曲3つ。
  • LARDのフォークボーイ。ナチュラル・ボーン・キラーズのサントラ。
  • LARDのフォークボーイ。ナチュラル・ボーン・キラーズのサントラ。
  • デンマーク国立交響楽団が演奏する驚くべき映画サウンドトラックカバー
  • パンクなのにテクニックが凄すぎるトイドールズww!!
  • パンクなのにテクニックが凄すぎるトイドールズww!!
  • Thug LIFEというミームで使われるDr’ドレーやスヌープ・ドッグの曲
  • Thug LIFEというミームで使われるDr’ドレーやスヌープ・ドッグの曲
  • Thug LIFEというミームで使われるDr’ドレーやスヌープ・ドッグの曲
  • 鏡音リンレンの「しんでしまうとはなさけない」
  • 鏡音リンレンの「しんでしまうとはなさけない」
  • 何でも言うことを聞いてくれるアカネチャンの歌ww!!
  • フィッシュマンズの「すばらしくてnice choice」!!
  • エンヤの原点。ザ・ケルツ。アイリッシュ・スピリチュアル。
  • メガマンことロックマンの音楽を外国人が歌ってみた!!
  • メガマンことロックマンの音楽を外国人が歌ってみた!!
  • 懐かしい。スーパーマリオRPGの不思議な調子の歌。
  • 懐かしい。スーパーマリオRPGの不思議な調子の歌。
  • たった一人でテイクオンミーを様々なミュージシャンの物マネで歌う人。
  • 今でもカラオケで人気曲。平野綾(涼宮ハルヒ)のGod knows。
  • プロディジーのオーメン。格闘技とダンスに相性抜群のデジタルロック。
  • プロディジーのオーメン。格闘技とダンスに相性抜群のデジタルロック。
  • ビッグ・ショーンのアイム・ゴナ・ビーBig Sean - I'm Gonna Be
  • コノノナンバーワン。Konono No. 1の不思議なビート。
  • ローリング・ストーンズのちょっと変わり種の曲。ジャジューカ
  • インドのタブラとテクノの融合。タルヴィン・シン、OK
  • 【追悼】 左とん平のヘイ・ユー・ブルースがカッコいい!!
  • 【追悼】 左とん平のヘイ・ユー・ブルースがカッコいい!!
  • PIL、ピストルズ無き後のジョニー・ロットンのバンド。
  • PIL、ピストルズ無き後のジョニー・ロットンのバンド。
  • エイフェックス・ツインの超速いドラムンベースっぽい曲
  • エイフェックス・ツインの超速いドラムンベースっぽい曲
  • コスモ・シェルドレイクさんのカム・アロング Cosmo Sheldrake
  • テクノの金字塔。ケン・イシイのエクストラ!!
  • ラジオスターの悲劇。現代にも通ずるバグルスの歌詞。
  • ザ・ロンリー・アイランドの「ジズ イン・マイ・パンツ」
  • しっとりとしたダンス曲。エリオット・モスの「スリップ」
  • 台湾人の美女(ビビアン・スー)と日本の芸人が世界貿易センタービルで歌ったあの名曲!!
  • モービーの代表的な曲「ポルセリン」など
  • モービーの代表的な曲「ポルセリン」など
  • くるくる少女を弾く少女、その他筋肉少女帯を弾いてみた特集。
  • くるくる少女を弾く少女、その他筋肉少女帯を弾いてみた特集。
  • くるくる少女を弾く少女、その他筋肉少女帯を弾いてみた特集。
  • 年末の総集編を感じさせるマット・カーニーの歌!!
  • 美しき水中の世界を歌いあげたMIKA アンダーウォーター。
  • 人間椅子、メタリカ、バッジーの「BREADFAN」、「針の山」
  • 人間椅子、メタリカ、バッジーの「BREADFAN」、「針の山」
  • 人間椅子、メタリカ、バッジーの「BREADFAN」、「針の山」
このサイトについて
記事検索
月別アーカイブ
recommend











Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード